愛車通信 ホンダCTX1300

新たな愛馬、それは2014年生まれのホンダCTX1300だ。モーターショーでお披露目されてから愛馬シャドウの次期後継車はこれだと決めていた。
が,人気が無くいつしか生産中止。シャドウも調子良く買い換えるなんて考えてもいなかった。
それが突然の不調に大慌て、何とかしようと飛び込んだホンダドリーム名古屋南店にこいつはあったのだ。気に入っていた白と黒のツートンカラーが私に浮気心を抱かせる。
そして、とうとう新しい愛馬として迎える事になった。このページは新たな愛馬の整備記録である。
だけどねぇ~、これは自分で整備はできない。プロにお任せだ。さて、どんな記録になるか楽しみである。

HP担当 団栗村の住職さん

ホンダドリーム名古屋南店展示のCTX1300
ホンダCTX1300
2014年式、車体色パールサンビームホワイト、走行距離25.182km
車両代金、車検代、課税諸費用、メンテナンスパック、非課税諸費用含め=1.300.000円

 

主要諸元

通称名 CTX1300
車名・型式 ホンダ・EBL-SC74
全長×全幅×全高(mm) 2,380×940×1,170
軸距(mm) 1,645
最低地上高(mm) 130
シート高(mm) 740
車両重量(kg) 338
乗車定員(人) 2
燃料消費率※5(km/L) 国土交通省届出値
定地燃費値
27.2(60km/h定地走行テスト値)
<2名乗車時>
WMTCモード値(クラス) 17.8(クラス3-2)※6
< 1名乗車時>
最小回転半径(m) 3.2
エンジン型式・種類 SC74E・水冷 4ストローク DOHC 4バルブV型 4気筒
総排気量(cm3 1,261
内径×行程(mm) 78.0×66.0
圧縮比 10.0
最高出力(kW[PS]/rpm) 62[84]/6,000
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 106[10.8]/4,500
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式 セルフ式
点火装置形式 フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量(L) 19
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式 常時噛合式5段リターン
変速比 1  速 2.571
2  速 1.722
3  速 1.285
4  速 1.041
5  速 0.862
減速比(1次/2次) 1.785/0.878×2.833
キャスター角(度)/トレール量(mm) 28°30´/118
タイヤ 130/70R18M/C 63V
200/50R17M/C 75V
ブレーキ形式 油圧式ダブルディスク
油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック式(倒立タイプ)
スイングアーム式
フレーム形式
ダブルクレードル


2020

  1月27日
お昼より臨時休業にしてシャドウを車検持ち込み。が、悩んだ末に乗り換える事に決める。シャドウより付属品取り外し。
1月28日
代金支払いにホンダドリーム名古屋南店へ行く。CTX1300は整備スベースで車検に向けての点検整備中だった。 


1月29日 ネット検索でホンダバイク取説で検索して説明書をPDFファイル印刷。かなり詳しく説明してありうまくすると無線機のアンテナ同軸をナンバー基台からハンドル周りまで引き込む事が出来るかも知れない。現車は1月31日に納車予定。 
ヤフーショップにてサービスマニュアルを手に入れる。 
1月31日 お昼少し過ぎにホンダCTX1300がホンダドリーム名古屋南店より搬入。車庫の中で色々と説明を受けて書類にサイン、これで名実ともに新しい相棒の誕生です。
ところがセンタースタンドが下ろせない、20年もやってないとコツを忘れてました。お恥ずかしい!

搬入完了
又々覚えやすいナンバーです。

ナビと無線機搭載
ツーリングに備え無線機ナビの取り付けをする。
画像左のステアリング左に取り付けてもらったシガーソケットとUSB電源がある。右の画像はステーを利用してナビは中央手前へ、無線機はその右上に取り付けた。
但し、外部アンテナを後部から通すのは難しいのでハンディーをそのまま搭載した。ツーリング中の交信なら充分だろう。

2月3日 無線機、ナビ、動画カメラを取り付け50km余りの初走り。車庫からの出し入れは重い、慣れが必要。走りは加速すると三気筒と水平対向が混ざった感覚で面白い。高速では軽快且つ力強い走りに安定感抜群。ただ5速だがもう一速、高速用に欲しい感じがした。平均燃費L14kmに届かず、長距離をすればもう少し良いだろう。 
2月10日
バイクワールド名古屋みなと店にてGIVIのトプケース購入取り付け。
2月11日
初ツーリングは知多半島。走行123.8km、平均燃費L17.4km。25.361km時。重い、慣れるまに時間が必要。各部操作は慣れた。
2月18日
二回のツーリングで気になる箇所は二点。
1、ヘルメットホルダー
2、動画カメラの取り付け箇所。
以上二点。
1、に関しては、このバイクのホルダーはシートを外してロック金具に専用のワイヤーをかけて使用するタイプ。ハッキリ言って使いずらい。トップケースの取り付けボルトがキャリア下に出ているのを利用して汎用のホルダーを取り付けた。
2は左側のバッミラー取り付け穴にアタッチメントを設置し対処した。
動画カメラの位置とヘルメットホルダー取り付け









2月25日
初回一ヶ月点検
項目 エンジン点検、燃料装置、潤滑装置、冷却装置、クラッチ、ブレーキペダル及びレバー、ホース及びパイプ、ホイール 安心点検パック加入にて無料 25.509km時(コンピューターに接続して故障箇所の診断、バイクも進んだものだ)

割れたミラーの修理
4月28日
先週、21日のツーリングで立ちゴケして割れたミラーの修理をする。作業場所はバイク購入店のホンダドリーム名古屋南で行った。諸用時間は2時間余り、
フロントカウルのカバーを取り外しての交換のため面倒。
部品代13.090円+工賃3.300円=16.390円 走行距離26.444km時

半年点検 6月23日
ホンダドリーム名古屋南にて半年点検を実施。各部点検と調整にエンジンオイル交換(購入後2.463km走行)安心点検パックとMMポイント使用で620円現金支払い。
オイルはレプソルシンセティック4Tを3.6L使用。オイル代金9.108円、工賃1.100円。
27.645km時。


割れたミラー  カバーも損傷  11月3日 
祭日を利用して鬼岩ドライブイン味由貴壮へご挨拶、来年も旧車イベントが開催できない事を伝える。国道へ出る時の坂道で停車し左側へ立ちゴケし帰りにホンダドリーム名古屋東に修理預けとなる。
整備担当者が移動のため南店から東店へ変わった。
修理完了左バックミラー  カバー交換  11月9日 
あおなみ線~地下鉄東山線~リニモで引き取りに行く。綺麗に直っていたが左パニアケースのキズが辛い。
・ミラーASSY Lパック 品番88120MJNA01 部品代13.750円 工賃2.200円
・カバーL ミラNHA66P 品番88125MJNA00ZD 部品代10.230円 工賃2.200円
合計 28.380円 28.738km時
12月14日
ホンダドリーム名古屋東にて12ヶ月点検を実施。各部点検し費用14.300円(安心点検パックにて無料)  、29.371km時。


2021

半年点検 6月21日
ホンダドリーム名古屋東にて半年点検実施(購入後1年半)。各部点検代金点検パックにて無料。エンジンオイル交換(レブソルシンセティック3.6L)点検パック利用にて7.553円
30.318km時。
整備担当者が名古屋中央へ店長として移動で次回車検は中央で実施予定。


補修前  補修後  10月18日
ツーリング中の立ちゴケで左側バックミラー一式破損、修理にホンダドリーム名古屋中央へ預ける。
11月1日
修理完了で引き取り。バックミラーカバー取り付ける本体側も交換。修理代金29.253円。
帰宅しパニアケース左側のキズをタッチペンタッチベンで補修。 

2022

ホンダドリーム名古屋中央へ車検持ち込み  1月10日
購入後の初車検。諸経費として16.730円支払い。このバイクの二年後の車検時には私は70歳が目の前となる。このバイクは見かける事も無い貴重なバイク、乗れるだけ乗り続けたいが体力との勝負だね。
引き取りは1月24日だ。
1月24日
ホンダドリーム名古屋中央にて車検を行う。各部点検調整部品交換、オーナーズカード更新、点検安心パック代金込み146.698円。他諸費用16.730円。
32.373km時 
6月28日
安心パックでの半年点検実施。
各部点検と調整、エンジンオイル交換(レプソルシンセティック4T)代金7.476円、Fタイヤ溝少なく次回点検で前後交換予定。
33.936km時


BACK  新たな愛馬との旅が始まる   ↑TOP